2021年1月2日土曜日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

 正月早々くだらないミニアニメを作っておりました。

 

 

Aviutilというフリーソフトを使っております。

使ってみるといろいろ楽しいのです。

 

 

2020年12月1日火曜日

ツンデレという言葉

 先日、芝居の打ち上げで、「そこはツンデレで」という演出指示がうまく伝わらなかったという話になった。

たとえば「あ、あんたのことなんて考えてたわけじゃないんだからねっっ」、というような言い回しはツンなのかデレなのかと。その辺が人によって解釈が違うので伝わらなかったらしい。

私の考えるに それは、「昔ツンとして解釈されてたけど、今はデレとして解釈されている」という言いまわしなのではないか。つまり、意味が時代で変わってきているのだろうと思うのだ。

そしてその違いの感じ方は、逆にリアルに時間の流れを感じさせるというか、あ、こういう風に言葉って変わっていくんだな、と思ったのだけど、…どうだろう。

2020年11月9日月曜日

ワインという概念、近況

 ウイスキー樽から取ったスティックを安いウイスキーに入れておいて、香りをうつして飲む、というYouTube動画をなんとなく見てしまい、出来心で、安ワイン に焼いたスモークチップ(ヒッコリー)を漬け込んでみた。

これが、意外といけたのですよ。いけたのだけど、妙に混乱するというか、微妙に「うまいワインとは違う」感じもあって、でも、これはこれでうまいような気もして、困ったのです。


こういうことは時々あって、カレーとかも、スパイスをいじって、「うまいけど、これカレーだろうか」みたいに思うことがある。
これまで知らなかった、作るプロセスに関わると、一度概念が解体されるというか、「あれ?しっていたはずなのに、どんな味だっけ」という感じになる。こういうのも一度は通る道、なのだろうか。


⭐️

近況。ZACBARANで日替わりマスターをするのは今月いっぱいまでとなりました。
池田の様子を覗き見たいという物好きな方がおられましたら、13日、18日、20日、21日、25日、28日、29日は入っております。19日はマスターではないですがライブで入っております。


2020年10月4日日曜日

ぱそこん関係の追記

 デスクトップのほうのパソコン、データはとびましたが、機能はおおむね復旧しました。

経過次第をいちおう、こういう症状で困った人の参考用に書き留めておきます。

 

・HDDが壊れた。スタート画面でほぼフリーズ。

→ 何度かディスクチェックしたがやはりダメで、あきらめてハードディスク買い替えることに。

 ・新たにSSDを買いなおし、取り付けた。(電源とSATAケーブルを接続)

・この状態ではOSが入ってないので、昔買ったWin7の起動ディスクを読み込んだ。

→ ちゃんと認識してくれるか不安だったがプロダクトキーを打ち込んだら動いてくれた。

・しかしネット接続がなぜかできなかった。いろいろ調べた結果、LANポートのドライバがなぜかインストールされてないことが分かった。ネットで検索した知識で、一度デバイスマネージャーからネットワークドライバを削除して再起動とかやってみたがダメ。

・それなら、とパソコンの仕様書から、LANポートの型番を調べ、その型番のドライバを別のパソコンでネットからダウンロード。強引にインストールしたら、ちゃんとドライバ認識して、ネットにつながった。

・しかしWin7用のアップデートが大量にダウンロードされて、しかもその更新がインストール適用されなくて消去されて無駄な時間を食った。

・Win7のままで使うわけにいかないのでWin10へのアップグレードを試みる。ネットで検索した知識では、一度アップグレードされたPCなら再アップグレードできるはず。と、IEでマイクロソフトのサイトにアクセスしようとしたら、ブラウザ対応してないとの表示。

・Firefoxをダウンロード、インストールして、マイクロソフトのサイトに再びアクセスして、Win10をダウンロード。

・インストールしようとしたが、プロダクトキーの要求から先に進めない。自動認識してくれないのか、とあきらめかけたが、コンピュータのプロパティを見ると、いつのまにかプロダクトキーの承認がはずれていた。「別のプロダクトキーの入力」に同じプロダクトキーを打ち込むと承認された。

・ここでもう一度、Win10をインストール。ここでようやっと成功。機能的にはもとのPCに復活した。(しかもSSD換装で早くなった。)


いやあ、ややこしかったー。

2020年10月2日金曜日

近況 2020 10 02

 つれづれなるままに近況を書きます。

扇風機をしまいました。ファンヒーターを出しました。

まだ蚊が多いです。というか、涼しくなって蚊が増えました。




百日紅の花はまだてっぺんにちょっとだけ残ってます。

パソコンのデスクトップのほうが壊れました。ここ10年ちょっとのいろんな写真なんかが消えました。

ネット回線を変えました。それに付随して電話番号変わりました。ここしばらく、ほとんど宣伝以外の電話はかかってきてなかったので、あまり影響ないかと思うのですが、必要に応じてまた伝達してゆきたいと思ってます。

今年は柿の実はなってません。ならない年のようです。

9月からZACBARANの日替わり店長になりました。演奏者から目線が変わるといろいろと見える風景が変わって面白いです。

金木犀、まだ咲いてません。


外をあるくと彼岸花がたくさん咲いてます。



2020年8月11日火曜日

美術鑑賞

 京都市京セラ美術館に、杉本博司展を観に行ってきました。

SNSで知人が感想を書いていたのが気になったので。

市美術館も改装が終わってから行くのは初めて。

んで、どうだったかというと、けっこう良かったのです。

展示にあった、作者杉本氏の宗教や死生観に関する考察は、効果的な部分もあるけど、微妙だな、とも思う感じなのだけど…、それよりも古美術商兼現代美術家という、氏の独特のなつかしモダンアートの感覚は心のどこかを確実に引っ掻いてくるのですよ。



ライティングひとつで、勾玉が、新しく美しく見える。
ただの仏像の写真の羅列が、セッテイングでなんだか意味を持って見える。
古さと新しさの混ぜ具合の妙を堪能しました。


2020年7月20日月曜日

近況

主に引きこもっております。
これからどうしようか、なかなかぐるぐる考えはまとまらない。

昨日は雨あがったので久々にアコーディオンで川っぺりに行って練習をした。
少し心配してたが、皮の背負う部分に少しカビがついていたぐらいで、本体は無事。
意外に曲を覚えているもんだ。ある程度いける。
しかし、まだスタンダードを自在にやるところまではいかない。要修練。
帰宅してえらく日焼けしてしまったことに気づく。

 今朝は桂のイオンシネマまで「二人ノ世界」を観に行った。
あの頃の彼らに関わった者として見ておきたかったので。
 チケット購入のディスプレイを見ると半分席が埋まっている、のかと思ったがそれは感染予防のために席を半分予約扱いで埋めてあるだけで、半分埋まっている席は空席、つまり購入するときの客は私一人だった。

地味で堅実な話やな、と思った。 全体に演出に嫌みがなく演技もおおむね自然で好感が持てる。特に主演二人の、少しづつ心が近づいていく様子が丁寧に描かれているのが良かった。ちゃんと心情に心持っていかれた。「見て損はない」とは言えるが、日常に疲れてる人達に強いて観に行くよう勧めるという感じではないかなとも思った。
それはたぶん映画としての例えば一瞬の画面の美しさではっと心を奪うとかそういうのがちょっと足りないからかも、と思った。
今ジブリ特集やってたりするし。そっちとどっち勧めるかと言われると…。
 比べんなよ、と言われるかもしれないが、つまりは同じ土俵に乗って勝負するというのはそういうことだし。(自戒も込めて)